看護師さんの良くある悩み.com

管理職の看護師の悩みについて

看護師の中でも管理職にはいろいろな役職があります。看護主任、看護部長、看護師長、それぞれに「副」のつく役職もあります。これは企業の役職と同じイメージで、段階をへて看護師長になるのが出世のパターンです。病院においては、看護師はチームとして行動します。これを会社に例えれば、「看護部」という部署があるというイメージです。その中に役職があると考えればいいでしょう。

管理職についた看護師は、看護業務はもちろん、スタッフの管理、教育、医師や病院との連携、さらには病院の経営面にまで関わっていきます。管理職につくには、経験とリーダーシップが必要であり、どの病院でも高い需要を誇っています。一方で、管理職は業務が多岐にわたり、責任感も高く、ハードな仕事となっています。

悩みとしては、例えば看護師長は人材の育成をする一方で、医師・病院と看護スタッフの間で、中間管理職のような役割を行います。いろいろな組織や人材の緩衝材のような役割もはたすので、細やかな神経を必要とする仕事になります。責任感の重さなどに悩みを感じる人もいます。

一方で、看護師長になるにはステップを踏んでおり、その過程である程度鍛えられているものです。業務上の悩みが多いのはむしろ、主任、副看護師長などが多いです。一方で、看護師長でも、役職手当が低いなどという悩みはよく聞きます。この場合、状況を改善することはそれほど難しいことではありません。上手に転職先を見つけることさえできれば、簡単に待遇アップを狙えます。

ただ、看護師長にもなって職場を離れると、職場への迷惑がかかってしまいます。ある程度経験を積み、役職について働いた時点で、待遇面などに悩みを感じたら、早めに転職を考えた方がいいでしょう。経験やリーダーシップなど、実力面は全く問題が無く、待遇に不満を持っている看護師は、他の職場では需要が高いです。好待遇を用意するので是非来て欲しいというところもあるでしょう。

もし転職を考えるのならば、管理職の看護師として、自分はどれくらいの市場価値があるのか確かめてみましょう。転職エージェントなどを利用して、これまでの経験などを元に、プロに客観的に判断してもらいます。その上で、自分のスキルでどのような選択肢があるか、需要はあるか聞いてみましょう。転職を考えた時点で、早めにこれをしておくといいです。間違っても仕事をいきなり辞めることのないよう、注意しましょう。

悩み相談だけでもOK!人気の看護師転職エージェントランキング

第1位:【マイナビ看護師】

業界有数の豊富な求人数と親身なサポート体制に利用者の人気が集まる!
悩みの相談をしてみると、意外と簡単に転職先が見つかるかも。人気NO.1サイトです。





第2位:【ナースではたらこ】

入職が決まると10万円がお祝い金として貰えることから人気急上昇中!
自分の希望する職場を紹介してくれる「逆指名制度」もあり。登録しておいて損はなし♪





第3位:【ベネッセMCM】

元看護師などの医療関係者のコンサルタントが様々な相談にのってくれます。
ベネッセグループ運営で安心感も◎ 短期や派遣で働きたい方にもオススメです。


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2015 看護師さんの良くある悩み.com All Rights Reserved.