看護師さんの良くある悩み.com

後輩指導の悩みについて

看護師の悩みとして、ある程度の経験を積んだ人、例えば30代に差し掛かってきた人は、後輩を抱えることになります。若手の指導については、教育係がいたり、あるいは看護師長が中心になって教育することも多いです。また、実務の中で先輩として指導するシーンもあるでしょう。

そのような後輩指導において、悩みを抱える看護師も少なくありません。まず言えることは、看護の現場は基本的に平均年齢が低めになっています。その理由は簡単で、30代前後を境にして、結婚・出産によって退職する人が多いからです。看護師の離職率が高いのもこの世代です。このために、看護の職場には30代からの経験豊富な看護師と、20代の若い看護師という、構成になっています。このような年齢の偏りが、悩みの原因となることも少なくありません。

後輩指導について言えることは、先輩としてきちんと指導できているかどうかというものから、指導をする一方で看護師の集団とのバランスを考える必要もあります。例えば少し厳しく指導したところ若い看護師の集団に避けられるようになり、職務に支障をきたすといったものです。このようになってくると、先輩後輩というよりは、人間関係のトラブルになってきます。上下関係から人間関係のトラブルにつながることは多いようで、悩みの種になりやすいです。

後輩指導についての悩みは、相談できる相手がいるかどうかがポイントになります。例えば同世代の看護師が他にいれば心強いでしょう。他にも、多少年齢が離れていても、相談にのってくれる先輩看護師がいれば心強いです。仮に上下関係でトラブルを抱えるようならば、そのような点に注意しつつ、新たな職場へ移るのもいいでしょう。

仮に転職するとしたら、なるべく平均年齢の高いところの方が自分に合っているかもしれません。では、平均年齢の低い職場はどのようなものがあるでしょうか。一つは大学病院です。理由はまず、付属の看護学校の存在があります。そこから毎年多くの新卒看護師が採用されるために、自然と平均年齢が若くなってしまうのです。また、大学病院で提供する医療は、比較的高度なものが多いです。そのために、体力・精神的に疲労し、早く辞めていってしまう人も多いです。

ほかにも、個人病院、あるいは小規模の診療所では、准看護師の採用が多く、自然と平均年齢が低くなります。このように、職場によって平均年齢にも違いが出て来るものです。これらの点に注意して転職を行えば、自分に合った職場が見つかり、悩みも解消できるでしょう。

悩み相談だけでもOK!人気の看護師転職エージェントランキング

第1位:【マイナビ看護師】

業界有数の豊富な求人数と親身なサポート体制に利用者の人気が集まる!
悩みの相談をしてみると、意外と簡単に転職先が見つかるかも。人気NO.1サイトです。





第2位:【ナースではたらこ】

入職が決まると10万円がお祝い金として貰えることから人気急上昇中!
自分の希望する職場を紹介してくれる「逆指名制度」もあり。登録しておいて損はなし♪





第3位:【ベネッセMCM】

元看護師などの医療関係者のコンサルタントが様々な相談にのってくれます。
ベネッセグループ運営で安心感も◎ 短期や派遣で働きたい方にもオススメです。


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2015 看護師さんの良くある悩み.com All Rights Reserved.